本文へスキップ
 > トピックス > 119番通報 > 119番通報要領

119番通報要領

「大変なんです!早く来てください!」
ガチャン。


 これでは、消防もどうする事もできません。
 119番へ電話するときは、最低でも次の事柄を我々に通報して下さい。
○火災の通報要領
指令員 通報者
「119番消防です。
火事ですか?救急ですか?」
「火事です!」
「場所はどこですか?」 「○○町大字○○・○○番地
 ・○○宅です」
 ・○○アパート○号室○○宅です」
「何が燃えていますか?」 ・「家が燃えています」
・「枯れ草が燃えています」
「近くに目標物はありませんか?」 ・「○○公民館の近くです」
・「○○交差点の近くです」
(スーパー、病院、学校など)
「逃げ遅れやケガ人はありませんか?」 ・「いません」
・「一人います」
「あなたのお名前と電話番号を教えて下さい」 「那賀太郎です。
電話番号は61-0119です」
「わかりました。すぐに消防車行きます!」
※119番通報時は、 「落ち着いて」 話すことと、場所等、内容について明確に伝えるよう心がけてください。
火災の119番通報の中には、火災発生場所の問い合わせが非常に多いです。通報以外では119番は使用しないで下さい。
○救急の通報要領
指令員 通報者
「119番消防です。
火事ですか?救急ですか?」
「救急です」
「場所はどこですか?」 「○○町大字○○・○○番地
 ・○○宅です」
 ・○○アパート○号室です」

・「○○町の国道24号線上です」
「近くに目標物はありませんか?」 ・「○○公民館の近くです」
・「○○交差点の近くです」
(スーパー、病院、学校など)
「どうしましたか?」 ・「80歳位のおじいちゃんが
急に倒れたんです・・・」
・「子供が車にひかれて・・・」
「あなたのお名前と電話番号を教えて下さい」 「那賀太郎です。
電話番号は61-0119です」
「わかりました。すぐに救急車行きます!」
※家族の急病や大きな事故での119番通報は、大変興奮して通報してしまいがちです。そのような通報は良く聞き取ることができません。傷病者を助ける為にも、通報するときはできるだけ落ち着いて下さい。
◎通信指令課では平成14年4月から指令員(救急救命士)による口頭指導を実施しています。
  スムーズな通報は、救急隊の到着時間を短縮させ傷病者の救命率向上に寄与します。